カテゴリー
麻酔

包茎手術で包皮に痛みはある?

手術中は麻酔が効いている

包茎手術を受けることに不安を感じている人の多くが、その理由として挙げているのが「痛いのではないか」という点です。確かに包茎手術はメスやレーザーを使って余分な包皮を切り取るので、身体に傷をつけることになりますし、何しろ非常に敏感な場所なので、痛みについて心配するのももっともな話です。

結論から言えば、手術中に痛みを感じることはありません。というのも、盲腸やヘルニアなどの一般的な外科手術と同様、包茎手術を行う際も麻酔を使用するからです。麻酔はいわゆる局所麻酔が基本で、効いてくると意識は普通にありますがペニス周辺は何も感じなくなります。

よく「お酒が強い人は麻酔が効きにくいので手術中も痛みを感じる」などと言われることがありますが、局所麻酔の場合は基本的にそのようなことはありません。よほどの特異体質の持ち主でない限り、ほぼ例外なく誰にでも効くので、安心して手術を受けることができます。

注射の痛みを和らげるテクニック

包茎手術中を受ける場合、手術中は痛みを感じることはありませんが、では治療の全過程においてまったく痛みがないかというと、残念ながらそうはいきません。というのも、手術の痛みを感じさせないためには麻酔を使用しますが、麻酔薬は注射器で注入されるからです。つまり、手術そのものでなく注射の痛みはあるわけです。

包茎手術の局所麻酔を行う時は、注射針を包皮に刺し、皮下組織に麻酔薬を注入します。この時、包皮にチクッとした痛みを感じます。ただ、「ペニスに注射」と聞くとものすごく痛いように思われますが、実際はそれほどではありません。

感じ方には個人差がありますが、歯科医院で虫歯の治療をする際に行う麻酔注射よりはずっと軽いと言われています。
それでも、痛みに耐える自信がないと言う時は、担当医師に依頼すれば予備麻酔というものを施してもらえます。

これは、包茎手術を行う際に液状あるいはゼリー状の麻酔薬をあらかじめペニスに塗ったり噴き付けたりすることで、注射時の痛みを緩和するというものです。

まとめ

包茎手術を受ける際は、手術そのものの痛みは麻酔によって消されるため心配は要りません。麻酔薬を注射する時の痛みも、予備麻酔によって軽減することが可能です。それでもまだ不安だという人は、口コミサイトなどで実際の体験談をチェックしてみるのがおすすめです。包茎手術に限らず、注射の痛みは施術者の腕に左右される側面もあるので、できるだけ痛みを感じさせない注射技術を持っているドクターのいるクリニックであれば安心です。