カテゴリー
麻酔

包茎手術の痛みはクリニックの技術と関係する?

包茎手術の痛みを出来るだけ抑えるクリニックもある

包茎手術での痛みはクリニックによっては、出来るだけ痛みを抑えた治療を行うところもあります。麻酔なども工夫していて、本来の麻酔前を行うときにも皮膚の痛みを減らすために先に異なる麻酔を使い、さらに局所麻酔も細い針で打ちます。どのクリニックでも包茎手術中は麻酔をするので、その間は痛みを感じる心配はありません。

包茎手術ではペニスへメスを入れるので、その時に痛みが起きるでのはないかと心配になります。痛みは先の方よりも根本の方が鈍いんため、痛みが少ない根本へと注射をします。細い注射針を使いこれも少しちくっとする程度の痛みです。

場合によっては表面麻酔もしてくれるので、不安があるなら事前に相談しておくと良いです。包茎手術の麻酔が効いているときは痛みはないですが、術後3時間ぐらいで切れてくるためその時には少しずつ痛みが出てきます。通常は局所なのでベテランの医師がすると殆ど痛みも感じない程度に出来ますし、実は最初の注射をするときだけに痛みは起きます。

包茎手術後の処方と麻酔の痛み

包茎手術を終えると出血がないことの確認で1時間から2時間くらいは病院で安静にして、麻酔が切れて痛みがあるなら鎮静剤など痛み止めを処方します。問題がないならその日に帰宅することも可能で、この時に化膿止めや痛み止め、包帯などを受け取って薬は1週間ぐらい服用します。

翌日には外来を受診して傷の具合を確認しますが、状態次第で止血や縫合を行います。ちなみに手術中の麻酔の注射ですが、誰がしても同じように痛みがあるのか気になりますが、実はこれは医師の腕によって違ってきます。

技術がない人が行うとより痛みが強く感じたり、逆にベテランだと全く感じなことがあります。医師の技術で痛みの感じ方も違い、これはクリニックのやり方によっても異なります。

注射で痛みを感じるのは、皮膚に針が刺さるときと、薬が皮下組織に注入されるときです。これを抑えるために皮膚表面を塗る薬で針が刺さる瞬間の痛みをなくし、針もごく細を利用して浸透圧に配慮した素早さで薬を皮下組織へと注入して効いた場所から追加で麻酔をします。

まとめ

包茎手術中をしている時は、局所麻酔をするので痛みを感じることはまずありません。術後には鎮静剤などを処方してくれて、もし何かあった場合でも相談すれば対応をしてくれるので安心です。麻酔は、痛みを減らすには先に表皮麻酔を行ってから、細い針を使いベテランの医師が行うことが重要です。同じ包茎手術でも担当医が麻酔が下手だと、注射を打つときに痛んだりします。そのため、手術を受けるにも出来れば実績もあり、痛みなどに対応したクリニックが良いです。