カテゴリー
麻酔

包茎手術で包皮に痛みはある?

手術中は麻酔が効いている

包茎手術を受けることに不安を感じている人の多くが、その理由として挙げているのが「痛いのではないか」という点です。確かに包茎手術はメスやレーザーを使って余分な包皮を切り取るので、身体に傷をつけることになりますし、何しろ非常に敏感な場所なので、痛みについて心配するのももっともな話です。

結論から言えば、手術中に痛みを感じることはありません。というのも、盲腸やヘルニアなどの一般的な外科手術と同様、包茎手術を行う際も麻酔を使用するからです。麻酔はいわゆる局所麻酔が基本で、効いてくると意識は普通にありますがペニス周辺は何も感じなくなります。

よく「お酒が強い人は麻酔が効きにくいので手術中も痛みを感じる」などと言われることがありますが、局所麻酔の場合は基本的にそのようなことはありません。よほどの特異体質の持ち主でない限り、ほぼ例外なく誰にでも効くので、安心して手術を受けることができます。

注射の痛みを和らげるテクニック

包茎手術中を受ける場合、手術中は痛みを感じることはありませんが、では治療の全過程においてまったく痛みがないかというと、残念ながらそうはいきません。というのも、手術の痛みを感じさせないためには麻酔を使用しますが、麻酔薬は注射器で注入されるからです。つまり、手術そのものでなく注射の痛みはあるわけです。

包茎手術の局所麻酔を行う時は、注射針を包皮に刺し、皮下組織に麻酔薬を注入します。この時、包皮にチクッとした痛みを感じます。ただ、「ペニスに注射」と聞くとものすごく痛いように思われますが、実際はそれほどではありません。

感じ方には個人差がありますが、歯科医院で虫歯の治療をする際に行う麻酔注射よりはずっと軽いと言われています。
それでも、痛みに耐える自信がないと言う時は、担当医師に依頼すれば予備麻酔というものを施してもらえます。

これは、包茎手術を行う際に液状あるいはゼリー状の麻酔薬をあらかじめペニスに塗ったり噴き付けたりすることで、注射時の痛みを緩和するというものです。

まとめ

包茎手術を受ける際は、手術そのものの痛みは麻酔によって消されるため心配は要りません。麻酔薬を注射する時の痛みも、予備麻酔によって軽減することが可能です。それでもまだ不安だという人は、口コミサイトなどで実際の体験談をチェックしてみるのがおすすめです。包茎手術に限らず、注射の痛みは施術者の腕に左右される側面もあるので、できるだけ痛みを感じさせない注射技術を持っているドクターのいるクリニックであれば安心です。

カテゴリー
麻酔

包茎手術が失敗した?再診すべき痛みと状態とは

包茎手術の種類と注意点

包茎手術をしたいけれど痛みや失敗が怖いという方は数多くいるのではないでしょうか。基本的に包茎手術はあまり難易度が高くない手術ですが、担当医師の経験や技量不足によって失敗してしまい、他の病院に相談する方もいます。

しかし、正しい知識がないと、何が成功で失敗した状態なのか患者としては判断が難しいところです。まずは包茎手術にはどんな種類があるのか簡単にご紹介します。

包茎手術は大きく切開するかしないかで分かれます。切開する術式としては、環状切開法、背面切開術、亀頭直下法、バックカット法があり、包茎の状態やその後傷跡が目立ちにくいか等、それぞれ特徴があります。

切開するため術後に痛みと制限はありますが、確実に治療ができるメリットがあります。切らない手術とは包皮を切らずに治療していく方法で、糸を使って固定するナチュラルピーリング法、亀頭にヒアルロン酸等を注入し増大させることによってストッパーの役割とさせる亀頭増大術、埋没している陰茎を引っ張り出して固定し、陰茎を長くする長茎術に分けられます。痛みが少なく術後の回復が早く傷跡が目立ちにくくなるというメリットがあります。

こんな方は要チェック!包茎手術の失敗例

よくある失敗例を簡単に分かりやすくご紹介します。まず、一番多い失敗例として、傷跡により見た目が悪くなってしまう事例で、切開することにより皮膚の色に差が出てツートーンカラーになったり、ケロイドができることがあります。

縫い目が雑でボコボコになってしまう事もあります。また、見た目の問題だけではなく、亀頭下にある性感帯が集中している「リッジバンド」を切除した場合、性感が低下し、遅漏になったり性行為に満足できなくなる原因となります。

その他にも、余分な包皮を切除するつもりが切除しすぎてしまったために、勃起時包皮に余裕がなくなりつっぱり感や痛みを感じることがあったり、術後数か月経過しているのにも関わらず腫れが引かなくなるペリカン変形、提灯変形があります。

せっかく手術しても、失敗してしまったり満足な性行為が行えなくなってしまうのは困りますよね。すでに手術をした方は、自身の状態がどうなっているのかしっかりと確認しましょう。

まとめ

近頃では、数多くのクリニックや専門の病院があり包茎手術が浸透してきました。同時に間違った病院選びをしてしまうと、後に後悔してしまうかもれません。そのために正しい知識を得て、自分に合った病院を選びましょう。無料相談を受け付けている場所も沢山あるので、失敗しないためにも複数のクリニック等に相談してみましょう。すでに手術を受けた方で、満足できていなかったり、痛みや不便を感じている方も他にクリニックに相談することをおすすめします。

カテゴリー
麻酔

仮性包茎手術の気になる痛み

仮性包茎は適切な包茎手術が必要

仮性包茎でお悩みの男性の方は、たいへん多いのではないでしょうか。国内の成人男性のうち、仮性包茎の方が占める割合は、かなり高いとも言われておりますので、包茎手術がとても人気があることも当然のことと言えます。

真性包茎と仮性包茎の違いは、勃起をしたときに包皮が剥けるかどうかという点にあります。平常時にも勃起時にも全く皮を剥くことができないのが真性包茎となり、この場合には早急な手術が必要とされますが、容易に皮を剥くことができる仮性包茎の方も手術は行ったほうが良いでしょう。

痛みがありそうで怖いと感じていらっしゃる方も見られますが、近年のクリニックでは痛みがきわめて少なくなるような包茎手術の方法が開発されてきておりますので、安心感を持って受けることができると考えられます。

カントン包茎や、その状態に近い仮性包茎の方であれば、勃起時に感じる痛みの方が強いとも考えられますので、適切な包茎手術を受けることをお勧めします。

包茎手術によって感じる痛みは低いのか

多くの方が包茎手術に踏み出すことに抵抗を感じているのが、術後の痛みの有無がわからないということではないでしょうか。しかし現在の包茎手術のレベルは飛躍的に向上していますので、多くのクリニックでは痛みの低減に取り組んでいることが分かります。

手術後の痛みや違和感を極力少なくするようにそれぞれが工夫をして技術の改良も進めておりますので、それがわかる比較検討サイトを活用するのも良いでしょう。

各クリニックでも公式サイトなどで紹介をされていますが、複数のクリニックを一覧で比較できるようにしてある専門のウェブサイトでは、包茎手術に用いられる方法や詳細な情報、利用した方からの評価などもチェックすることが可能です。

仮性包茎はそのまま放置していても状況が大きく改善することが見込まれませんので、適切に対処することが重要です。ご自身の希望に合わせた包茎手術が受けられるように、ぜひ一度比較サイトへアクセスしてみてください。

まとめ

現在も多くの男性が仮性包茎に悩んでおり、包茎手術を受けるかどうかで悩んでいるのが実情です。しっかりと正しい知識を得て包茎手術を受けるクリニックを選ぶことで、その後の人生に多くなプラスをもたらすものと考えられますので、入念な比較検討が必要です。

痛みの有無についてはその中でも重要度の高い項目となりますので、包茎手術を取り扱っているクリニックの情報を確認し、納得できる包茎手術を実践しているクリニックを選びましょう。

カテゴリー
麻酔

包茎手術の痛みはクリニックの技術と関係する?

包茎手術の痛みを出来るだけ抑えるクリニックもある

包茎手術での痛みはクリニックによっては、出来るだけ痛みを抑えた治療を行うところもあります。麻酔なども工夫していて、本来の麻酔前を行うときにも皮膚の痛みを減らすために先に異なる麻酔を使い、さらに局所麻酔も細い針で打ちます。どのクリニックでも包茎手術中は麻酔をするので、その間は痛みを感じる心配はありません。

包茎手術ではペニスへメスを入れるので、その時に痛みが起きるでのはないかと心配になります。痛みは先の方よりも根本の方が鈍いんため、痛みが少ない根本へと注射をします。細い注射針を使いこれも少しちくっとする程度の痛みです。

場合によっては表面麻酔もしてくれるので、不安があるなら事前に相談しておくと良いです。包茎手術の麻酔が効いているときは痛みはないですが、術後3時間ぐらいで切れてくるためその時には少しずつ痛みが出てきます。通常は局所なのでベテランの医師がすると殆ど痛みも感じない程度に出来ますし、実は最初の注射をするときだけに痛みは起きます。

包茎手術後の処方と麻酔の痛み

包茎手術を終えると出血がないことの確認で1時間から2時間くらいは病院で安静にして、麻酔が切れて痛みがあるなら鎮静剤など痛み止めを処方します。問題がないならその日に帰宅することも可能で、この時に化膿止めや痛み止め、包帯などを受け取って薬は1週間ぐらい服用します。

翌日には外来を受診して傷の具合を確認しますが、状態次第で止血や縫合を行います。ちなみに手術中の麻酔の注射ですが、誰がしても同じように痛みがあるのか気になりますが、実はこれは医師の腕によって違ってきます。

技術がない人が行うとより痛みが強く感じたり、逆にベテランだと全く感じなことがあります。医師の技術で痛みの感じ方も違い、これはクリニックのやり方によっても異なります。

注射で痛みを感じるのは、皮膚に針が刺さるときと、薬が皮下組織に注入されるときです。これを抑えるために皮膚表面を塗る薬で針が刺さる瞬間の痛みをなくし、針もごく細を利用して浸透圧に配慮した素早さで薬を皮下組織へと注入して効いた場所から追加で麻酔をします。

まとめ

包茎手術中をしている時は、局所麻酔をするので痛みを感じることはまずありません。術後には鎮静剤などを処方してくれて、もし何かあった場合でも相談すれば対応をしてくれるので安心です。麻酔は、痛みを減らすには先に表皮麻酔を行ってから、細い針を使いベテランの医師が行うことが重要です。同じ包茎手術でも担当医が麻酔が下手だと、注射を打つときに痛んだりします。そのため、手術を受けるにも出来れば実績もあり、痛みなどに対応したクリニックが良いです。